Engineering

Tier 0.5 position

AZAPAグループ独自のポジションである「Tier0.5」は、2つのソリューション提供を主軸としています。1つは研究機関としてOEMメーカーの難しい技術課題を視える化し新しい発想で解決に導く“研究ソリューション”。OEMメーカーと最も近い立ち位置で自動車全体での最適制御を考えています。もう1つは“共創コミュニティ”として、良い技術を持ったあらゆる分野の企業と繋がりを持ち、顧客に本当に必要なものを提供できる環境を整えています。この立ち位置から、AZAPAグループは自動車産業クラスターのオープンイノベーションを牽引しています。

Model-Based Technology

AZAPAグループは、原価低減や開発スピード向上に効果的な、先進的な開発手段である独自のモデルベース・テクノロジーを駆使し、お客様に価値あるソリューションを提案します。要求定義からシステム/ハード設計、実装試験・評価に至るまで、モノづくりの全工程を一気通貫でサポートできる体制が整っています。中でもAZAPAエンジニアリングは設計から実験・評価を担当し、お客様に寄り添う高度なエンジニアリングサービスをご提供します。

WORKS

  • C→Simulink変換業務

    制御開発分野において今後標準となるモデルベース開発に新たに取り組む企業様向けに、C言語を用いたハンドコードで作成するレガシィ開発のSimulinkモデル変換をサポートします。加えて、リファクタングも行うことで、企業様のモデルベース開発のノウハウ蓄積を強力にサポートします。

    <事例>
    ・パワトレ電動化開発
    ・ブレーキ制御開発
    ・新規インバータ開発

  • MBD(Model Based Design)領域業務

    システム要求からモデル仕様書を作成し、シミュレーションによる仕様検証・自動コード生成を行うことで仕様の精度を向上させ、ものづくりにおけるフロントローディングを実現します。

    <事例>
    ・次世代パワトレユニット開発
    ・車載ECU開発

  • MBT(Model Based Test)領域業務

    要求仕様からテストシナリオを作成し、機能/単体テストの実行結果を設計プロセスにフィードバックすることで、開発期間の短縮と品質向上及びトレーサビリティ(ISO026262)が可能な設計を実現します。

    <事例>
    ・ADAS(自動運転・駐車支援)システム開発

  • HILSデバック業務

    制御モデルのHILS評価を環境構築~評価項目の選定~評価/解析まで行い、実機評価前の不具合の潰し込みを行います。更に仕様の問題点及び改善案をご提案し、開発期間の短縮と品質向上、開発コストの削減を実現します。

    <事例>
    ・自動車補器類 エネルギーマネジメント評価
    ・EV用 新規トランスミッション開発

MENU